スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
地方創生、働く場所が地方に出来るだろうか?
第二次の安倍内閣の2回目の組閣と言ったらいいのでしょうか?
昨日、新しい大臣が任命されましたが、やはり今回注目するのは、地方創生担当大臣の石破氏です。

安倍内閣が地方に目を向け、力を注いでくれるのは大変ありがたいです。しかし、田中角栄の日本列島改造論ではないが、利権や税金の無駄使いになっていました。

均衡ある国土の発展という言葉が、本来の意味は消されて、土建屋への金のバラマキを意味する悪いイメージになってしまいました。

石破氏の大臣就任会見においても過去あった事を見逃さないと言った内容があります。それは、公共投資という金のバラマキはしないという意味だと受け止めました。

それならばいったいどういう事をして、地方に働く場所を作っていくのか?具体的な話は全くありません。



もっと分かりやすいメッセージを国民に示してもらいたいものです。
スポンサーサイト
[2014/09/04 18:32] | 働くこととは | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ブラック企業大賞ノミネートの理由が凄い | ホーム | 中高年にとって軽配貨物とタクシのドライバー、どっちが?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkwork.blog.fc2.com/tb.php/45-25e83a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。